FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ECU
こんにちは

今日はS15シルビアにHKS GT-RSタービンを取り付けましたのでご紹介します。

元々ブーストアップ仕様から、タービン+ポンカム仕様です

IMG_0016_20130703144327.jpg

今回ヘッドガスケットも交換しますのでバラシていきヘッドも分解します

IMG_9923_20130703144329.jpg

バルブスプリングも強化品へ交換します。

ヘッドを洗浄しシリンダー上面も綺麗にしてヘッドガスケットを設置

IMG_9925.jpg

ヘッドを載せ組み立てて行きます。

今回はカムシャフトも交換しロッカーアームストッパーも導入!!

分解時に気なっていた配管類も手直し

IMG_9931.jpg
(こちらはビフォーです)ビスが抜けたら大変!!

タービンも組み付けます。

今回フロントパイプも交換

IMG_9926.jpg

A/F計のセンサーボスが無かったので取り付けます

IMG_9927.jpg

こちらのメクラ、最初は1.2mm程の鉄板で漏れも確認出来たので作り直しました

まだ他の所ですが、ICパイピングのシリコンホース破けてたのでそれも交換しました

IMG_0020.jpg

IMG_0019.jpg

IMG_0018.jpg

そして少し慣らしを行ってからセッティング開始。

今回ECUは純正の書き換えです。

元々スペックSのATらしいのですがターボMT載せ換えてあるようで、ECUも基盤が付いていたのでそのまま行くことにしました

エアフロは元々Z32でしたのでインジェクターを740ccに交換してポンプもNAのノーマル(ビックリ)でしたのでNISMOに交換でした

基本データを入れまして詰めていきますが、ブースト1.2kから高負荷時にノッキングが発生します

仕様に対する点火時期も問題ないはずなのですが、とりあえず点火時期下げながら確認

数度下げた所で、出なくなりました

ですが今回はブーストも1.2kまでで終了です

あとコンマ2くらいは安パイで行けると思うので勿体無いですが仕方ありませんね

と言うのも原因が今回は触媒が純正なんですが、このクラスのパワーだと排圧が上がってしまい点火時期が上げれないっす

手持ちの物に交換しテストすると、通常点火時期で問題ないのでその内に要対策ですね

と言ってもナイス加速ですので楽しい車になったと思います

初期のRSより最近のはパワー出てる気がするんですが気のせいでしょうか??


ではでは今回はありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。